秋田県秋田市の歯科医院です。CTによる正確で安全なインプラント治療、ホワイトニング

田中歯科医院

エステティック

ホワイトニング

ホワイトニング
ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに歯を白くする方法です。
もともとわずかに黄ばんだ色をしていたり、飲食によって着色、神経をとった後に歯が黒ずんでしまった、など原因はさまざまですが、それをより白くする方法です。
その方法には、歯科医院のみで行うオフィスホワイトニングと、おもに家庭で道具を使って行う、ホームホワイトニングに分けられます。
ホワイトニングで、芸能人のような白い歯を手に入れてみませんか?

料金(税別)
ホワイトニング
12,000円~20,000円

ホワイトニングの種類について

● 短時間で歯を白くする、オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングはホームホワイトニングで使用する薬剤よりも、高濃度な薬剤を使用し、同時にLEDライトを照射するので、ホームホワイトニングよりも早く効果があり、より白くできることが特徴です。
個人差はありますが、ほとんどの場合は、2週間間隔で3回のオフィスホワイトニングを行うと、『歯が白くなった』と実感していただけますが、効果持続性においては、長時間かけて白くするホームホワイトニングに比べると劣ります。
とにかく、早く歯を白くしたい方や前歯だけ白くしたいなど、部分的なホワイトニングをご希望の方にお勧めです。

STEP 1STEP 2STEP 3
薬剤が歯肉につかないようにガード
LEDライトを照射
3回程で白さを実感
高濃度の薬剤を使用しますので、薬剤が歯肉につかないようにガードして、薬剤を塗布します。歯に薬剤を塗布したら、LEDライトを照射します。2週間間隔で治療を行い、3回程で白さを実感していただけます。

● じっくりと確実に白くする、ホームホワイトニング

歯形に合わせた専用のマウスピースを作り、自宅でホワイトニング剤を入れたトレーを歯に数時間装着して、歯を白くしていく方法です。
低濃度の薬剤を使いますので、時間かけてじっくりと白くしていく必要があります。
個人差はありますが、一般的に上顎のみの場合、1週間~2週間続けることで薬剤が深くまで浸透しますので、時間と手間はかかりますが、オフィスホワイトニングよりも長く白い効果を持続することができます。

STEP 1STEP 2STEP 3
マウスピースに薬剤を塗布します。
薬剤を塗布したマウスピースを装着します
2~3週間で効果が表れてきます
医院で作成したマウスピースに薬剤を塗布します。薬剤を塗布したマウスピースを装着します。就寝前か就寝中に約2~3週間繰り返すことにより効果が表れてきます。

アンチエイジング 「 ヒアルロン療法 」

アンチエイジング 「 ヒアルロン療法 」
ヒアルロン療法は、抜歯によって出来たしわ、年齢を重ねることで、義歯が合わなくなったことにより出来た口の周りのしわの改善や、インプラント治療によって出来たしわ、歯肉の改善を目的とした治療法です。
ヒアルロン酸は、個人差がありますが6~9ヶ月で体内に吸収される材料なので、定期的な追加注入が必要となりますが、ヒアルロン酸注入はとても安全で安心な治療法です。

最高濃度のヒアルロン酸を使用しています

最高濃度のヒアルロン酸を使用しています
当院では、TEOXANE社(スイス)製のヒアルロン酸注入剤「テオシアル」を使用しています。
「テオシアル」は、現在ヒアルロン酸注入剤の販売数では世界トップ3の製品です。

また、「テオシアル」は2008年Aethetic Medicine Awardsの「Injectable Product of The Year(年間最優秀注入剤賞)」 を受賞し、患者様の満足度、治療結果、効果の持続期間、使用感、カスタマーサービスなどの12の選考基準において高い評価を得た、高品質で安全性の高いヒアルロン酸注入剤です。

料金(税別)
1シリンジ
20,000円
1シリンジ(6ヶ月以内の追加の場合)
17,000円
※ 対象部位は、法令線および口周辺、口唇、歯肉です。

歯科で行うヒアルロン療法とは?

  • ヒアルロン酸の注入によってしわを改善します。(メスを使います)
  • 柔らかいヒアルロン酸ジェルを注入することによって自然な仕上がりになります。
  • 短時間で終わる簡単な療法です。
  • 注入後、すぐに治療結果をご覧になれます。
  • ダウンタイム(回復にかかる時間)はほとんど必要ありません。

オールセラミックによる「即日」修復が可能 「セレックシステム」

セレックシステムは、医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作する CAD/CAMシステムです。
コンピュータを使って修復物を作製するので、歯型を取ることがありません。
3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。
そのあとはコンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。
歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できるので、一般的な修復物よりも経済的。
また規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間も約1時間と非常にスピーディーです。