歯科用CTとは

安全で高品質なインプラント治療をご提供するために・・・
歯科用CTとは、歯科医療に特化したCT装置です。当医院のCT装置は、コーンビーム方式を用いているため比較的、被爆量が少なく、高画質である他、座ったまま撮影できることが特徴です。CT撮影は主に、インプラントや親知らずの抜歯などの治療に用いられ、三次元の高画質画像を用いることで通常のX線写真では、判断できないところまで、的確に診断できるので、インプラントの治療診断精度が著しく高くなりました。

reVista

田中歯科医院では、画像精度が非常に高い最新のCTであるPreVistaを導入し、CT撮影、パノラマ撮影を1台で行うことが可能です。

歯科用CTでわかること

インプラント治療
インプラントを埋める部位の骨の質や厚み・形態、神経・血管の位置が正確に分かり、確実な診断が可能となります。術中にもCT撮影ができることで、インプラントの位置や方向などの確認ができ、より安全・正確にインプラント手術をができます。
歯周病治療
歯の周囲の骨の破壊の程度が、立体的に把握でき、歯周病の進行度が正確に診断できます。それにより、最善の治療計画をたてることができ、治療の予知性が高くなります。
親知らずを抜く場合
歯の位置や向き、また神経との位置関係が3次元的にわかることで、抜歯が手際よく安全に行えます。
根管治療
歯の根の先の病巣の状態など、通常レントゲン画像に比べてはるかに正確な診断ができます。
照射量の軽減
実行照射時間はわずか11秒で,医科用CTに比べX線照射量は1/8~1/50と大幅に軽減できます。

▲ページの先頭へ戻る